熊本県内でも新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、県リスクレベル5(厳戒警報)が維持されています(5月1日現在)。感染対策として三密を避ける・人との距離をとる等を実施する一方、友人や離れて暮らす家族とも会えない・寂しい等感じている人も多いと思います。
そういった我慢も一年以上になりますが、感染流行の状況を考えると、これからもしばらく継続するだろうと考えます。
新しい生活様式を守りながらも、心の健康を考え安定を保っていけたらいいな、と思います。
5日4日は「みどりの日」。国民の祝日に関する法律第二条によると「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」とあります。密になりにくい海や山等の屋外で自然に触れるのも良いかもしれません。
また、zoomやSkype等を使いオンラインで人とつながるのも、コロナ禍における最適な人との関わり方かもしれませんね。
2021年05月01日更新