*「献血」とは


  病気やけがで「輸血」や「血漿分画製剤」を必要とする患者さんのために、自分の血液


    を 自発的かつ無償で提供することです。


         

 


*献血が必要な理由


   人工的に造れない輸血用の血液はいまだに人工的に造ることができません 


 

  長期保存ができない毎日新しい血液を確保する必要があります 

 


  献血回数・量には制限がある必要な量を集めるためには、多くの人の協力が必要

 


  病気の治療に必要輸血の多くは、がん治療に使われています(約40%)


 

 


  少子化で献血可能人口が減少している中、若い世代の献血者も減少しています。


    このような状況が続くと、将来必要な血液量を確保できなくなるおそれがあります。


    皆さんの協力が必要なのです!


 



 「献血ルーム」や、「献血バス」などで献血することができます。


  献血ルームの場所や、献血バスの運行スケジュール、どの血液型が不足しているか


  などの情報は、熊本県赤十字血液センターのHPからチェックできます。




                                  熊本県赤十字血液センターQR


 


 事情があって献血ができない人も、身近な人に「献血」について話したり、呼びかけを


  行うボランティアに参加するなど、さまざまな参加の仕方があります。


 


 


2019年11月27日更新